心・感情

悪いことが起きなくなる理由

自分に向き合っていると悪いことが起きなくなります。 その理由は ① 起きる必要がなくなる ② 起きたことを悪いと思えなくなる 悪いことっていうのは本当は起きません。 起きたことを悪いことと捉えることは可能。 悪いことだか […]

続きを見る


「嫌い」の反対は「好きでも嫌いでもない」

「嫌い」の反対は「好き」ではなくって「好きでも嫌いでもない」です! 「嫌い」を見つめると、望みを妨害しているものや自分の「好き」が分かります。 ▼目次 「嫌い」の反対 「嫌い」の意味 「嫌い」の使い方 「嫌い」の反対 「 […]

続きを見る


悪いことを考えたら悪いことを引き寄せる?

悪いこと考えると悪いこと引き寄せるから、悪いこと考えないようにしなくちゃいけないんでしょ、っていうやつについてです。 ▼目次 悪いこと考えちゃいけない? 何を引き寄せるか 行動のベースの思いが現実になる 悪いこと考えちゃ […]

続きを見る


感情はなんのため?

感情は大切ってよく言われてるけど、どう大切なんだろう。 感情ってなんなんだろうって、いうお話です。 ▼目次 なりたい自分へ導くシグナル シグナルをキャッチしたら掘り起こそう なりたい自分へ導くシグナル 感情は、私たちが向 […]

続きを見る


コーピングメカニズム

苦痛を軽減する心のメカニズムについてです。 この仕組みは問題をおおってくれるけど、同時にほんとうの自分として生きることを阻むものにもなります。 ▼目次 苦痛を避けて心を守るコーピングメカニズム もはや守ってくれない。不自 […]

続きを見る


ほんとうの自由

自由って、やりたい放題とかわがままとかそういうことじゃない。 自由じゃないとしあわせじゃない。 よし、自由人になろう。 ▼目次 『自由』という意味 自由な人は自分軸 わがままは自由の反対 自由じゃないとハッピーじゃない […]

続きを見る


痛みを消そうとしないでね

痛みというのは「ここケガしてるよ!」というサイン。 自分を大切にして!と伝えています。傷に気づいて傷をいやす必要があります。 ▼目次 痛みの役目 痛みの原理 痛みの役目 痛みや苦痛はイヤですよね。 味わいたくない。 だか […]

続きを見る


非常時にいちばん大切な対策

非常時のいま、目の前に起こっていることにとらわれがち。 一番大切な対策、それは、心を観察して、自分のほんとうの望みを知ること。 ▼目次 何はともあれ自分の心の観察が優先なワケ 感情が行き先案内 何はともあれ自分の心の観察 […]

続きを見る


変化を阻む自我

変化を阻むもの

やりたいとは思っているけどなかなか行動に移せない。 本当にやりたいのか分からない。意志が弱い。 自我はそんな風に思わせて、あなたの思いや行動を思いとどまらせようとします。 ▼目次 自我とは何か 自我は悪もんじゃない 自我 […]

続きを見る


悩みの根本にあるもの

どんな悩みや苦しみでも根っこの部分は同じです。 だから、この根っこの部分に気づかないでいると根本の解決には至らないのです。 ▼目次 “いい”と“わるい” “いい”と“わるい”にこだわる理由 苦しみの理由 “いい”と“わる […]

続きを見る