悪いことを考えたら悪いことを引き寄せる?

2020年8月1日

悪いこと考えると悪いこと引き寄せるから、悪いこと考えないようにしなくちゃいけないんでしょ、っていうやつについてです。

▼目次

  1. 悪いこと考えちゃいけない?
  2. 何を引き寄せるか
  3. 行動のベースの思いが現実になる

悪いこと考えちゃいけない?

悪いこと考えてると悪いことを引き寄せるから、楽しいこと考えようっていうのよく聞きます。

間違ってないと思います。

もし、悪いこと考えずにいい気分でいられるなら、いいことを引き寄せると思います。

でも、問題はそれできる?ってところです。

ついつい不安なこととか、イライラすることとか、悲しいこととか考えてしまいませんか。

考えてしまうというか、考えようと思わなくっても勝手に頭の中がそうなってる。

それは未解決の思いが心の中にあって、解決を待っているから思考の中に沸いてくるんです。

未解決の間はずっと、その思いとかかわり続けることになります。

その思いに取り組もうとすると、確かにネガティブな気持ちを味わうかもしれないけれど、それは解決されればなくなります。

でも、避けている間はずっとネガティブな気持ちを感じ続けることになります。

そしたら、それを引き寄せ続けてしまうわけです。

何を引き寄せるか

いいことを引き寄せたいって考えてるときは、今と違うことを望んでいるということですね。

その場合はまずは立ち止まって、満たされない思いに取り組むのが不可欠。

転職したかったら転職活動していいし、結婚したかったら婚活していいし、痩せたかったらダイエットしてもいい。

でも、その結果感じるのは、今感じているのと同じことです。

何を引き寄せるのか。

それは今感じていることです。

例えば・・

「変わりたい!」と思ったら、「変わる」じゃなく

「変わりたい!」と思ったら、「変わりたい」と感じる状況を引き寄せます。

「幸せになりたい!」と思ったら、「幸せになりたい」と感じる状況を引き寄せます。

「ネガティブなことを考えちゃいけない」と思っていると、「ネガティブなことを考えちゃいけない」と感じることが起きる。

「怖いことが起きてほしくない」と思っていると、「怖いことが起きてほしくない」と思うことが起きます。

「楽しい」と思っていたら、「楽しい」と思うことが起きる。

「楽しいと思わなきゃ」と思っていたら、「楽しいと思わなきゃ」がやってくる。

「現状をどうにかしなくては」なら、「現状をどうにかしなくては」がまたやってくる。

何をしているかということより、それをやってどういう気分になっているかです。

今感じていることが、結果になる。

それだけ。

何かをしたら引き寄せるんじゃなくて、今もうすでに引き寄せている。

今、身の周りで起きていることが心の状態です。

引き寄せとも言えるし、心の中を外側に映し出して(投影して)、とらえているということでもあります。

職場を変えても、付き合う人を変えても、やり方を変えても、また同じ思いをすることになるのです。

だから、立ち止まって何を引き寄せたいのか何が満たされてないのか、今何を引き寄せているのかを確かめるんです。

引き寄せたい!と思ってるとき、今が満たされてないと感じているとすると満たされてない状況を引き寄せ続けるからです。

行動のベースの思いが現実になる

もう一回おさらい。

結婚するとして・・

今楽しんでいる人なら、結婚しても楽しい。

でも

一人だから幸せじゃない
年齢的にもう結婚しないと
結婚できないと思われたくない
結婚したら幸せになるはず
さみしいから結婚したい
幸せにしてほしい

そういう思いで結婚したとしたら、こんなはずじゃなかったということになるかもです。

違いはベースの思い。

私たちが何か行動するときの動機は2つ。

うれしいから か こわいから
(やりたい) か (苦痛を避けたい)

転職するとして動機が・・

やりたいことを実現したいから(ワクワク、楽しい)の場合 
→ 転職したら(ワクワク、楽しい)になる

今の仕事が嫌でしかたないから(苦痛を避けたい)の場合 
→ 転職したら(苦痛を避けたい)になる

引き寄せは、そういうごくシンプルなもんです。

仕組みはシンプルですが、私たちの考えや心が複雑にからまりすぎていて、なかなか実践がむずかしいですよねー。

ハイ、「むずかしい」が現実になります。わー💦